重複しないリストを作る(1) → Dictionary 重複しないリストを作る(2) → Collection 重複しないリストを作る(3) → 重複の削除 重複しないリストを作る(4) → ピボットテーブル と、いくつかの方法をご紹介しましたが、DictionaryとかCollectionとか分かりませ~ん。 AdvancedFilter【アドバンスドフィルターメソッド】メソッドフィルターオプションの設定をすれば、さまざまな条件を指定してデータを抽出することができます。VBAでフィルターオプションの設定を操作するには、Range【レンジ ワイルドカード以外の文字はリテラル文字です。 Characters other than the wildcard are literal characters.
たとえば、searchPattern 文字列 "*t" は、末尾が文字 "t" である path 内のすべての名前を検索 … RemoveAll: Set dVALs = Nothing End Sub. Dictionary オブジェクトからすべてのキーと項目を削除します。 スポンサードリンク よねさんのWordとExcelの小部屋 | Excel(エクセル)講座の総目次 | Excel(エクセル) VBA入門:目次 |Dictionaryオブジェクトを利用する 検索文字列にワイルドカードが使用できるか:find関数は不可、search関数は可 【相違点①】大文字と小文字が区別されるか. vlookup関数の検索方法には、記号を利用することで様々な検索が可能となります。「*」を使って任意の文字数で検索、「?」を使って?の数分検索できます。指定方法が少し手間がかかるのでこの記事を参考に、ワイルドカードを覚えましょう。 ワイルドカードにおいて「*」は「すべて」という意味になります。 ワイルドカードを使ったファイルの抽出機能はVB.NET2002, VB.NET2003でも使用可能です。次のように書くと拡張子がbmpのファイルをC:\Windowsフォルダから配列で取得できます。

InStr関数で判定する文字列には「*」「?」などのワイルドカードを使用できないので、 InStr(ActiveCell.Value, "東京都*区*")のような判定ではできません。 そんなときは、Like演算子を使いま … 「Dictionaryオブジェクトについて簡単な使用例を上げて解説して欲しいです。」との要望をいただいたので、Dictionaryについて基本的な使い方を解説します。Dictionary(ディクショナリー)は名前の通り、辞書機能であり、連想配列とも呼ばれます。 結果は次のとおりです。 これらの結果は、他の多くのワイルドカードシナリオでも複製できます。 まず、相違点の1つ目から確認していきましょう。 Dictionaryは頻繁に利用するわけでないというのが、大きな理由で利用しようと思った時に構文エラーでうまく機能しないことがあります。なのでシンプルにまとめました。 linqを使って文字列のコレクションを処理するときに、sqlのlike演算子のような「like検索」を実現する方法を説明する。 フォルダ"vba"を"excel-vba"に変更する例です。 フォルダについては名前の変更のみ可能で移動することはできません。 ... ワイルドカードは使用不可能なので、複数のファイルを一度に移動さたりすることは … Print "Nothing to filter on; dictionary is empty" End If '.CurrentRegion is now filtered on A*, B*, C* in column B 'do something with it End With End With dVALs. Excel VBA マクロでファイルの一覧を取得する方法を紹介します。GetFolder 関数を使って指定したフォルダを取得し、Files プロパティからファイルの一覧を取得できます。ワイルドカードを使ってファイルの絞り込みができます。 比較演算子、および、Like演算子の使用例について説明します。Like 演算子は文字列と文字列パターンを比較し、その結果を True または False で返します。文字列パターンにはワイルドカードや文字リストなどを指定することができます。 VBAの標準機能では、正規表現によるマッチングができません。しかし、正規表現に似た働きをする演算子があります。それはLike演算子です。 なお「"のような"では困る。正規表現を使いたいんだ!」という方は「正規表現によるマッチング」をご覧ください。

エクセルvbaでのワイルドカードを使った文字列の置換は、単純な置換よりも、複雑な文字の置換ができるようになります。 Replace メソッドは、構文が長いので使い方が難しそうに思えますが、通常の置換は引数は省略するので、簡単に作成できます。 今回はDictionary(連想配列)の使い方をご説明します。 Dictionaryは字のごとく、辞書の様に扱います。 Key(キー)とItem(データ)をセットで格納して、リストなどを作成するときに使用します。 Dictionaryは処理が非常に高速ですが、記述方法によってはとても遅くなります。