vSphereのライセンスには、仮想環境の構築に必要なツール一式を揃えたスイート製品「キット」と、CPU単位で提供する「エディション」の2つがあります。vCenter Foundationは4台まで管理可能です。(ただしvCenter Server 6.5 U1以降 + vSphere5.5以降(4ホスト管理可能) 「押さえておきたいvSphere の基本」の可用性編の1回目として、前回、vSphere DRSをご紹介しました。 今回は、2回目として、ホスト障害の際にも仮想マシンの稼働を最大化する機能、vShpere HA、vSphere FTに関して順にご紹介します。 vSphere HA ESXiホスト上で稼働している仮想マシンは、その … VMware社のドキュメントではvCenterの構成とインベントリのサイズによって時間は異なるが、UIクライアントで4分でfailoverされるとしています。となると… 正直シングルクラスタ環境ではvSphere HAでfailoverされた方が早いかもです。 全体のライセンス画面でも、vCenter ServerのライセンスUsageが1になっている事を確認出来ます。 最後に、、、問題は出てるか? 以上がライセンスの登録方法です。私が4万円をかけて行った内容です! vSphereの機能であるvMotionやHAを利用するためにも必須の製品になります。 ライセンス体系 インストールするインスタンス分ライセンスが必要になります。 vSphere Client を使用してアクティブ ノードにログインします。; インベントリ内の vCenter Server オブジェクトを右クリックし、 [vCenter HA の設定] を選択します。 [構成] をクリックします。 [基本] 構成オプションを選択し、 [次へ] をクリックします。

今回は「VMware vSphere 6.5 vCenter Server」の「データセンター登録」、「ホスト登録」、「ライセンス登録」の手順について解説します。 VMware vSphere 6.5 vCenter Server のインス vSphere HA は、仮想マシンとそれが配置されたホストをクラスタにプールすることで、仮想マシンに高可用性を提供します。クラスタ内のホストは監視され、障害発生時には、その故障したホスト上の仮想マシンが別のホスト上で再起動されます。 vSphere Web Clientでのライセンス適用方法について記載します。 ぼやっとした記憶ですが、バージョン5.1のころにESXiを期限切れにしてからライセンスを割り当ててvCenterに登録しようとしたら、どうしてもうまくいかなかった覚えがあります。 本記事ではvCenter Serverのライセンスを適用して… 私のクリスマスプレゼントは「vSphereのライセンス」でしたー!!vSphere ServerとESXi(Hypervisor)のライセンス登録を行ったので、全然需要はないと思いますが、その手順を紹介します。ちなみに、この記事にはかなり金 vSphere Web Clientでのライセンス適用方法について記載します。 ぼやっとした記憶ですが、バージョン5.1のころにESXiを期限切れにしてからライセンスを割り当ててvCenterに登録しようとしたら、どうしてもうまくいかなかった覚えがあります。 本記事ではvCenter Serverのライセンスを適用して… vSphere Web Client へログインし、左インベントリより、vCenterをクリックします。 インベントリより、[vCenter] > [Inventory Lists]配下の[Datacenters]をクリックします。 はじめに 本記事では、ESXiとvCenterという用語を始めて聞いたという方を対象に記載しております。 結論から言えば、この二つは全く違います。一方で共通点もあり、ESXiとvCenterはどちらもvSphereの構成要素です。vSphereというのはVMware社の仮想化ソリューションのソフトウェア群です。 vCenter HA をセットアップする前に、必要なメモリと CPU、データストア リソースがあること、またご使用のバージョンの vCenter Server および ESXi が vCenter HA をサポートしていることを確認してください。. vCenterと同一のマシン上にインストールすることが推奨されますが、既存のFLEXnetライセンスサーバを利用することも可能です。ライセンスサーバとの通信は、ポート27000, 27010を利用します。 vCenter Server の 15 個のインスタンスで最大 70,000 台の仮想マシンと 5,000 台のホストを管理可能です。vSphere HA クラスタと DRS クラスタは、最大 64 台のホストと 8,000 台の仮想マシンに対応します。 環境で、次の要件が満たされている必要があります。 vCenter Server Appliance (vCSA) について、バージョン6.5以降より、vCenter High Availability (vCenter HA) と呼ばれる冗長化機能が利用できるようになった。 ちなみに、vCenter Serverの高可用性の手法については、VMware社の以下KBにてまとめられている。 HAクラスタへの vSphere ESXi サーバー参加¶. vSphere High Availability (HA) ... (3 台のサーバにそれぞれプロセッサを 2 個まで搭載可能) と、vCenter Server Essentials が 1 ライセンス含まれます。 vSphere Essentials Plus Kit の内容は次のとお …