Windows10 テクニカルプレビューを使ってみた 先日マイクロソフトが公開した「Windows10 テクニカルプレビュー」をMacBook Pro Retina 15インチ(Late 2013)にパラレルデスクトップ10からの仮想化環境でインストールしてみまし その他、デスクトップの四隅にカーソルを移動すると、デスクトップ表示、仮想デスクトップの移動、ウインドウの最小化、XLaunchPadの表示など、MacのExposeやSpacesの機能を再現していたりと、非常にMac風に仕上がっているスキンと 今回紹介するやり方では、Dockを追加してタスクバーを上に移動させるだけなので 必要なソフトは1つだけです Mac OS XのMission Controlみたいに三本指で横にスワイプすると仮想デスクトップを切り替える機能がWindows10の仮想デスクトップに無かったのでつくってみました。 こんな風に動きます Windows10のタスクビューをMac OS XのMission Control風に操作できるやつ作ってる 全然知りませんでしたが、Windowsも10からは標準でこの仮想デスクトップの機能が追加されたそうです。 Windowsのロゴキー + Ctrl + 矢印キー。 これで仮想デスクトップを行き来することが出来ます。 ついでに言うと新しいデスクトップの作成は、 だがWindowsでは標準実装されておらず、何らかのユーティリティを使う必要があるために普及が今ひとつ進まなかった。 Spacesに似た仮想デスクトップソフトウェア Mac OSXも同様であったが、10.5からSpacesとして標準で搭載されるようになった。

こんにちは! あっというまに驚くほど涼しくなってしまって、今年は夏を満喫しきれたのか!? と自問自答しながらw ちょっと焦っている小職です。 今回は、まだあまり使えてないデスクトップに構築した、Windows10環境にもマッ 風のドックをインストールしたいと試した記録です あまりにもMacが欲しいために、気持ちだけでも味わおうと、 デスクトップをYosemite風にカスタマイズしてみました。 必要なソフトは1つ. 仮想デスクトップは、原則的には物理デスクトップと同じように使える。どのデスクトップでも壁紙の変更や、ウィンドウの色変更などができる。ただ、そうした変更は全てのデスクトップで共通。それぞれのデスクトップで個別の設定を保持できない。 Windows 10 Tips:Task View&仮想デスクトップをタッチパッドに割り当て、Mac風ジェスチャ操作 Takahiro Koguchi , @TKoguchi787 2015年8月3日, 午 … Mac OS XのMission Controlみたいに三本指で横にスワイプすると仮想デスクトップを切り替える機能がWindows10の仮想デスクトップに無かったのでつくってみました。. こんな風に動きます. かつてWindowsで仮想デスクトップ機能を使うにはサードパーティ製のソフトウェアが必要でしたが、Windows 10ではOSに標準搭載されています。 デスクトップの切り替えはMac同様ショートカットやタッチパッドのジェスチャーで行なえますが、デスクトップ同士の順番を入れ替えることはできません。 MacでWindowsを使う方法はいくつかあります。それぞれどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。MacでWindowsを使う方法の比較表Boot CampMacのハードウエアはそもそもWindowsが動く要件を満たしています。そし