UiPath Studio 日本語 v2020.4 ... [繰り返し (コレクションの各要素) (For Each)] アクティビティ ... フローチャートは大規模なジョブから小規模なプロジェクトまでのさまざまな設定で使用でき、他のプロジェクトで再利用することもできます。 Uipath。 データテーブル変数の全行に対して一定の処理を行うための「繰り返し(各行)」アクティビティの機能と使い方を紹介 誰でもできる業務改善講座 uipathアカデミーlesson2ではuipathの基本的事項を学習します。それは変数と処理の流れです。この記事では処理の流れについて、はじめての人でもわかりやすく説明します。 ワークフローには種類が2種類あります。「シーケンス」と「フローチャート」ですな。 繰り返し処理には、[繰り返し(各行)]以外にも、上のHINTで紹介した[繰り返し(コレクションの各要素)]や[繰り返し(後判定)]などもあります。UiPath Activitiesガイドで、用途や使い方を確認しておくといいでしょう。 UiPath Activitiesガイド

フローチャートの分岐とループ. UiPath Studio(ユーアイパススタジオ)で、画面上の文字や値を読み取って、それを基準に処理が分岐するワークフローを作ってみましょう。[条件分岐]と[フロー条件分岐]の2つがあります。 (UiPath超初心者向け)条件で処理を分岐させる ※2018.3よりUiPathがデフォルト日本語のアクティビティ名となりましたので、 この記事では各アクティビティや機能名を日本語名(英語名)というように記載しています。

繰り返しの終了条件ではないので注意が必要です。 最後に、開始と終了の図形の間に「繰り返したい処理」を書けば完成です。 先程挙げたパターンを使って繰り返しのフローチャートを作成してみましょう。 UiPathには複雑な処理を定義できるフローチャート(flowchart)と、比較的直線的な処理を定義するためのシーケンス(sequence)という2種類のワークフローがあります。まずフローチャートの場合から見て行きましょう。 UiPathでExcelファイルを処理すると、DataTable型には必ずお世話になると思います。 そして、DataTable型の変数を、「For Each Row / 繰り返し(各行)」で順次に処理していくのも、かなり多いワークフローのパターンになると思います。 UiPath の if-else, switch 条件分岐をシーケンスとフローチャートでそれぞれ設定してみます。基本的な操作になるので簡単に理解できると思いますので、一度動かしてみてください。