dba_ts_quotasは、すべてのユーザーに対する表領域の割当て制限を示します。. dba_ts_quotas は、すべてのユーザーに対する表領域の割当て制限 … Oracleアカウント毎に、個別に権限を付与して運用する方法は効率的ではない。 オブジェクト権限、システム権限はロールでの一括管理が有効だ。 ロールに付与されている権限を確認するにはデータディクショナリの role_sys_privs テーブルを参照する。 また、user_ts_quotaにはcreate user、alter userで指定したquotaの値が表示されます。その為、unlimited tablespace権限を付与してもuser_ts_quotaは変わりません。 unlimited tablespace権限はuser_sys_privsにて、dbaロールおよびresourceロールの確認はuser_role_privsで可能です。 Oracle 10g からは ALTER DATABSE でデータベースのデフォルトテーブルスペースを設定することも可能。 使用用容量の制限値 (QUOTA) の変更 -- 使用容量を制限する ALTER USER username QUOTA integer{K|M} ON tablespace_name ; -- 無制限にする ALTER USER username QUOTA UNLIMITED ON tablespace_name ; user_ts_quotasは、現行のユーザーに対する表領域の割当て制限を示します。このビューは、username列を表示しません。 alter user scott quota unlimited on scott_space; 表領域を作成した直後は管理者権限を持っていないユーザーはその表領域を使用することができません。 QUOTA設定することによって使用できるようにな … ORACLE SQLのリファレンスを公開しています。 ... ユーザーに対する表領域の割り当て情報(ts_quots) スポンサード リンク. create user時にパラメータでquotaの設定ができると思いますが既に存在するuserで、create user時にquotaをどのように設定したかを確認する事はできるのでしょうか?Unlimitedなら、「DBA_SYS_PRIVS」。そうでないなら 「DBA_TS_QUOTAS」

dba_ts_quotas. マニュアル「Oracle Databaseエラー・メッセージ」で確認すると次のような記述となっています。 Copy ORA-01950: 表領域'string'に対する権限がありません 原因: ユーザーには、指定された表領域でエクステントを割り当てる権限がありません。

関連ビュー.