雑所得は「公的年金の雑所得」と「公的年金以外の雑所得」の2種類。公的年金の雑所得とは、国民年金・厚生年金・企業年金などの支給による所得で、基本的には年金を受給している高齢者が対象です。(遺族年金、母子年金、障害年金などは非課税なので申告不要) 公的年金は「雑所得」に分類され、税金(所得税・住民税)がかかります。また、年金の払いすぎた税金を戻すためには、確定申告が必要です。年金のプロである社会保険労務士が、年金にかかる税金の仕組みと、確定申告の手順について、わかりやすく解説します。 確定申告不要. 年末調整を受けた給与所得者の雑所得の金額が20万円を超えると、確定申告する義務がある。所得税法第121条1項1号によると、給与所得及び退職所得以外の所得金額が20万円以下なら確定申告してもしなくてもよい。 雑所得、20万円以下で所得税の確定申告不要. 年金受給者と税金は密接な関係があります。年金は大きく分けると2種類に分かれますが、1つ目は国民年金や厚生年金などの公的年金等。2つ目は公的年金等以外の生命保険契約等に基づく年金。基本的にはこれらの年金収入は雑所得として課税の対象となっていま 現役時代会社員だった人にとって確定申告は無縁のものだったと思います。しかし、年金生活者になると自分で申告が必要です。所得税、雑所得、控除、源泉徴収票、住民税など難しい言葉だらけですが、どうしたらよいのかこの記事でスッキリわかります。 年金受給者は確定申告が必要でしょうか。年金が400万円を超える場合や、アルバイトなどの収入が20万円を超える場合は、確定申告をする必要があります。確定申告すると税金が戻ってくる場合もあるので、理解しておきましょう。 つまり、年金だけで生活しているほとんどの方は、確定申告をする必要はありません。 この制度は「年金所得者の確定申告不要制度」と言って、2012年にできたものなので、古い本やガイドブックには書かれていません。ご注意ください。 確定申告は、年金受給者にとって負担になることが考えられます。確定申告の不要な「確定申告不要制度」とはどんな条件でしょうか。また、高齢者や扶養家族に認められている特例措置など、知っていると役立つ情報をご紹介します。

年金は税法上の雑所得にあたるため、所得税がかかります。しかし、中には所得税が免除される場合もあります。所得税が免除される場合、所得税がかかる場合の源泉徴収のプロセス、また、確定申告が不要・必要なケースについて解説します。 確定申告書には、a様式とb様式の2つがあります。公的年金受給者の確定申告ですから、a様式を使用することになります。 a様式は、給与所得者、年金生活者向けの様式であるのに対して、確定申告書のb様式は誰でも利用できる汎用的な様式です。 20万円基準 一般的なサラリーマン(1箇所からのみ給与所得がある方)の場合、アフィリエイトや原稿料、仮想通貨といった副業等による所得(雑所得)があっても20万円以下なら確定申告は不要、という仕組みはご存知の方が多いかもしれません。 でも、2 年金受給者の確定申告は意外に難しいです。そもそも確定申告が必要なのか不要なのかすら分かりにくい。そこで今回の記事では、すぐ理解できるようにパターン別に確定申告の要否を解説していきます。確定申告不要制度についても解説しています。 年金受給者は確定申告が必要でしょうか。年金が400万円を超える場合や、アルバイトなどの収入が20万円を超える場合は、確定申告をする必要があります。確定申告すると税金が戻ってくる場合もあるので、理解しておきましょう。
現役時代会社員だった人にとって確定申告は無縁のものだったと思います。しかし、年金生活者になると自分で申告が必要です。所得税、雑所得、控除、源泉徴収票、住民税など難しい言葉だらけですが、どうしたらよいのかこの記事でスッキリわかります。 年金は、雑所得として所得税や住民税の課税対象となります。年金収入が400万円以下かつ一定の要件を満たす人は、確定申告を行う必要がありません。ただ、確定申告をすることで還付金を受け取れる場 … ※給与所得、個人年金等の雑所得、株の配当金等の配当所得、生命保険の満期金等の一時所得、不動産所得、株や不動産等の譲渡所得など . 収入や所得によっては確定申告は不要だけど、住民税の申告が必要になる人もいます。 全体からみると少数になりますが、住民税の申告が必要な年金受給者についてまとめていきたいと思います。 もくじ.
所得税の確定申告不要制度については、所得税法の第121条「確定所得申告を要しない場合」に規定されています。その年分の所得が給与所得と公的年金等に係る雑所得のみであった場合の、所得税の確定申告不要制度について考えてみます。年金所得者に係る確定 たとえば、給与なら所得控除を引いた金額、個人年金は保険会社などが発行する「支払年金等のお知らせ」や年金支払証明書などで「掛金を差し引いた後 所得税の計算上において雑所得が20万円以下で申告不要とされるのは、年末調整をした給与所得者であり、一定の条件を満たす人のみです。 雑所得は「公的年金の雑所得」と「公的年金以外の雑所得」の2種類。公的年金の雑所得とは、国民年金・厚生年金・企業年金などの支給による所得で、基本的には年金を受給している高齢者が対象です。(遺族年金、母子年金、障害年金などは非課税なので申告不要) 1 所得税の確定申告について. 年金受給者の皆さんの申告手続の負担を減らすため、公的年金等に係る「確定申告不要制度」が設けられています。これにより、公的年金等による収入が400万円以下で一定の要件を満たす場合には、所得税及び復興特別所得税の確定申告を行う必要がありません。