後日、お悔やみの挨拶に伺う時は付き合いの程度により香典、お供えを持って行く 3. 友人の親や家族の香典の金額相場のページ。通夜、葬式葬儀の香典の金額相場について、友人の親・友人の家族の香典の金額を、夫婦連名の場合や30代・40代、50代、60代など年齢別に解説。香典を後日送る場合や家族葬の場合も紹介。 香典の渡し方(後日)のページ。通夜や葬儀に出席できなかったり、訃報を後で知った場合は香典を持参し手渡すか郵送します。香典を後日渡す際のマナーと注意点、言葉や挨拶、袱紗の使い方、故人や遺族の知人・友人、職場・会社や、上司の代理、親族の場合の香典の渡し方を解説します。 家族葬の香典のページ。家族葬とは家族・親族など身内だけで行う葬儀です。家族葬の場合の香典について、親族、孫、近所などの金額相場や渡し方、香典返し、遺族が香典を辞退した場合、後日の連絡・後日の弔問等を解説します。 ご近所で親しくしている友人のお父様が亡くなられました。通夜・告別式は明日ですが参列はしません。ただとても親しくしているのでお香典だけは渡すつもりです。この場合どのタイミングでどう渡せばいいのでしょうか。友人の自宅には仏壇 家族葬の場合、親族以外は香典も辞退しますというケースが多いよう。それでも、せめてお供えだけでも・・・という場合は、どのくらいの金額の物を、どんな形で渡すのが礼儀なのでしょうか?場合によっては失礼になることもありますので、ルールを確認しておきましょう。 2. 家族や友人に不幸があれば香典を包みますが、ご近所さんに不幸があった場合は香典を包むべきでしょうか。今回、ご近所さんへの香典を包むかどうかの対応や、包む場合の相場やマナー、葬儀に参列するかどうかや、香典の渡し方について説明します。 地域によってご近所付き合いの深さが違うので、雰囲気を読んで合わせるのが無難. 故人が先生や近所の方、友人の親であれば、3,000~1万円ほどです。 香典を渡す側の年齢によっても異なる. ご近所で不幸があったときの対応とマナー ご近所で不幸があった場合、その対応は、日頃のおつきあいの深さによっても違いますが、基本的にはまずお伺いして、お悔やみの言葉と哀悼の気持ちを伝え、何かお手伝いできることがないかと尋ねてみましょう。 香典は、自分の年齢によっても金額が変わってきます。 故人が祖父母の場合、あなたが20代であれば1万円、40代以上であれば3万~5万円が相場です。 葬儀後の香典や挨拶はどのようにすればいいのでしょうか?何らかの理由で訃報を後で知ることはあります。出張だったとか手違いで連絡がいかなかったなど。今回は、お葬式が終わったあと、訃報を後で知った場合などにどうすべきか、挨拶・香典等の対処について解説いたします。