勉強の基本は覚えること(暗記)です。暗記することは行政書士試験においても重要となります。しかし暗記が苦手だという人もいるでしょう。数ある暗記方法で、代表的なのは暗記カードを利用した方法です。そこで今回は行政書士試験における暗記カードの利用について解説します。 行政法と同じく、民法も「暗記事項」のまとめ整理を作っていきます。 平成29年度の行政書士試験の勉強では、民法の暗記項目はスー過去の参考書まとめ部分にマーカーでチェックを入れておくか、図表を写真で撮っておいて、それをパラパラと見るという方法を取っていました。 行政書士に1ヶ月半で受かる勉強で、実際に取ったノート(まとめ直したノート)です。字が汚いのはご愛嬌。(^^;;テキストを、自分なりの言葉でまとめ直しています。ポイント1 写さない、必ず自分の言葉で書くこのノートは、テキストをまとめ直したもの 行政書士試験に合格するための勉強法は色々あります。・独学・通信教育・通学といった手段で、それぞれの学習方法に従い学習を進めていきますが、いずれの場合でも共通することがあります。それは暗記だけでは合格は近づかないということです。 去年、行政書士試験に向け行政法を勉強していて、「ここはメモして重点的に暗記しないと覚えられないな」と感じたことが多くありました。 そこで、直前期に毎日目を通して暗記してしまうためのメモ … 行政書士試験を目指して独学の勉強をしている人は、それぞれ勉強法が違います。 より効率よく勉強するためにノートを作る必要があるのか解説しています。 行政書士試験に最適な勉強法の考え方を開始前に知ることが、最短合格を目指すには非常に重要です。そのための必要な情報を裏技含め、惜しみなく公開しています。過去問を最大限活用した勉強法を知れば、行政書士試験突破は一気に近づきます。