社内からの飲み会案内メールが来た場合、確認次第なるべく早く返信するのがマナーです。もしも自身の都合がまだ分からずに、参加の可否をすぐに出せない場合でも、メールの内容を確認した旨を返信しておきましょう。 日々大量にやり取りされる社内メールに、どこまで返信すべきか迷うことありませんか。会社によっても社内メールのルールは違うと思いますが、最低限のマナーはどの会社も共通しています。そこで今回は、基本的なケースごとに返信すべきか否かを検討できるようにご紹介していきます。 outlook 2013を利用しています。 なぜかわかりませんが、全員に返信をしようとすると、その中に自分のアドレスが含まれてしまいます。 2010ではこのようなことは無かったのですが、改悪されたので …

自分で終わるメール①自分から送信した場合 自分からのメールは「一往復半」で対応. ビジネス相手から来たメールを返信する場合、自分で変更しない限り、返信画面の件名は「Re:」と表示されます。 好きな人からメールが届いたときに「嫌われたくない!」の心理が強すぎて、どんな返信を送ったらいいのか、迷ってしまう女子もいますよね。そこで、好きな人へのメール返信の攻略法を3選ご紹介します。 (1)遅くとも翌日までに返信する 問い合わせや質問、確認などで、自分からメールを送信した場合は、相手からの返信に対し、 自分から再度メールを返して終わりにする「一往復半」の対応がひとつの目安です。 まずは、ビジネスメールで返信をする際の基本的なルールを確認してみましょう。 基本的には「Re:」のままでOK. ccやbccへの返信は必要なのでしょうか?メールの処理に追われる人は時短仕事術を身につけましょう。送られてきたメールをよく見て、自分のアドレスが「宛先」「cc」「bcc」のどこにあるかで対応を変えるワザをご紹介します。 送別会の出欠席確認メールへの返信について、書き方やマナーをお伝えします。出席・欠席・未定の3パターンの文例も紹介するので参考にしてくださいね。