抗がん剤はリンパ腫や白血病などの血液のガンを縮小・治療したり、悪性の腫瘍の外科手術後の再発予防に使います。 抗がん剤というと、まず副作用が気になると思います。 事実、すべての抗がん剤には副作用があります。 乳腺腫瘍の治療方法は? 猫の乳腺腫瘍は悪性である確率が80%と高く、また進行も早いことから、なるべく早めの処置が必要とされます。 腫瘍ができてしまったら、基本的には手術をすることになります。 【抗がん剤治療】メリットよりデメリットが多くなりがち. そして、 猫の乳腺腫瘍は90%が 悪性という非常に怖い病気 です。 そのため、 発見、即手術による 切除という治療が第一選択 と なります。 腫瘍の治療には抗がん剤や、 免疫療法などいろいろありますが 基本的には、 現在ある腫瘍を手術に 再発防止の目的で、手術の後に抗がん剤治療(術後化学療法)が追加されることがあります。 腫瘍の切除手術が無理なときにも、抗がん剤が提案されることがあります。 愛猫が癌…悪性リンパ腫(低分化型/消化器型)と診断されました。抗がん剤治療はどうするの?予後余命は?癌の進行速度は?抗がん剤治療を選択し最期を迎えるまで…愛猫が癌と闘った記録です。 ワクチン接種は体調の良い時に摂取するべきなので、 術後は避けるようにしてください。 猫の乳腺腫瘍の術後の抗ガン剤投与は、転移の可能性を考えて投与することがありますが、病理検査の結果や体調を考えて選択してください。 しかし腫瘍の種類によっては効果が期待できない場合や再度腫瘍が増大する可能性もあります。 そして放射線治療は基本的には全身麻酔を必要とするので、猫の全身状態が悪い場合は放射線治療ができない場合もあります。 ③化学療法(抗がん剤) 猫の乳腺腫瘍の手術後に抗がん剤治療を受けることは本当に必要なのでしょうか? 術後の抗癌剤治療を追加したことで再発を防げるケースは多くありませんし猫の体に相当なダメージを与えます。メリットよりもデメリットが大きいと思われます。 <猫の乳がんの抗がん剤について> 猫の乳がんに抗がん剤は あまり効果は期待できない とされています。 再発の抑制や、延命効果が期待 されないだけでなく副作用による 猫の体へのダメージによって、 かえって寿命を縮めてしまうこと にもなりかねます。 ワクチン・抗がん剤. 【抗がん剤治療】メリットよりデメリットが多くなりがち. また抗がん剤治療中の犬や猫の体からは、毎日少しずつ抗がん剤が撒き散らされますので、同居のご家族の発がん率が上昇する可能性があります。 私の考えでは、乳腺腫瘍に抗がん剤を使うメリットはほとんどないと思います。 悪性リンパ腫(リンパ肉腫) は、 抗がん剤 によく反応し治療効果も期待できる血液系の悪性腫瘍です。飼い主の方が喉や顎のあたりのしこりや腫れに気付き発見されることが多いようです。 再発防止の目的で、手術の後に抗がん剤治療(術後化学療法)が追加されることがあります。 腫瘍の切除手術が無理なときにも、抗がん剤が提案されることがあります。 ペットを飼っている方であればご存知の方も多いと思いますが、犬や猫も人間と同じような病気をします。 そういった病気の中の代表格と言えば腫瘍ではないでしょうか。 統計学的にはペットのできる悪性の腫瘍の中でも一番多いのは乳腺腫瘍、次に多いのが悪性 猫の乳がんをご存知でしょうか?人間の女性にとっても怖い乳がんですが、雌猫にとっても大変な困難を伴う病です。│ねこちゃんホンポは、あなたと猫の暮らしを応援する猫専門の情報サイトです。猫にまつわる様々なコンテンツを掲載しています。ぜひ愛猫との生活にお役立てください

猫の抗がん剤治療と人間の抗がん剤治療というのは、意味合いが全く異なります。猫の場合は必ずしも、「抗がん剤治療=苦しく辛いもの」ではありません。ここでは猫の抗がん剤治療について解説してい …