甲状腺機能低下症が疑われる症状に関しての獣医師さんへの相談内容をご紹介します。 ※グループサイト『 だいじょうぶ?マイペット 』からの提供記事になります。 犬の健康な体を維持するのに欠かせない「ホルモン」。このホルモンのバランスが崩れることで、犬の体に異常をきたしてしまうのがホルモンの病気ですが、その中のひとつ、「甲状腺機能亢進症」の特徴と症状、予防策について見てみましょう。 甲状腺機能亢進 最近愛犬に元気がない、あまり食べないのに肥満ぎみ、左右対称に脱毛があるなどの症状当てはまりませんか? その症状、実は甲状腺機能低下症かもしれません。 甲状腺機能低下症と診断するには今出ている症状と血液検査の結果を見て総合的に診断します。

犬の甲状腺機能低下症とは 「この記事を書いているあなたは何者?」 と思われた方がいるかもしれませんので 念のため言っておきますが、私は動物病院を開業している獣医師です。 証拠についてはこちらを見ていただければわかっていただけると思います。 >>>犬の甲状腺機能低下症とは? 甲状腺は喉のやや下の左右にあり、甲状腺ホルモンなどを分泌する腺組織です。小さな組織ではありますが、人を含めた動物が生存するために必要な代謝をつかさどる甲状腺ホルモンを分泌し続けることで、休むことなく代謝のコントロールを行っています。