この②の理由により処分された犬猫は殺処分数の40%。 殺処分されている現状ですね。 【犬の殺処分率の推移】19.7%→5.9% 犬はそもそも引き取られても殺処分されていたのは そのうち約2割だったんですね。それが6%に。 頭数もさることながら、殺処分されている子の比率も 低くなりつつあります。 殺処分に賛成?反対?約1000名による調査の回答を元に動物の殺処分について考える。殺処分を無くすためには何が必要なのか、どんなことをすればいいのか。私たちにできること、考えてみませんか? 2018年11月1日に環境省から発表された、平成29年度の収容施設のデータをまとめました。殺処分される犬猫が減るように、今一度考えて欲しい事があります。 殺処分されている現状ですね。 【犬の殺処分率の推移】19.7%→5.9% 犬はそもそも引き取られても殺処分されていたのは そのうち約2割だったんですね。それが6%に。 頭数もさることながら、殺処分されている子の比率も 低くなりつつあります。 改正法施行前の12年度、犬猫の殺処分数は1400匹を超えており、激減ぶりが分かる。 近年、頭を悩ませていたのは、子猫の持ち込みが多いこと。

2017年度の沖縄県内の犬猫の殺処分数が過去最少の約1400匹(速報値)で、県が目標にしていた1500匹を下回る見込みになった。15日、県動物愛護管理センターを視察した県議会土木環境委員会(新垣清涼委員長)に対し、県環境部自然保護課の金城賢課長が説明した。 【最新】犬猫の殺処分数の統計データ 環境省の統計データによれば平成30年度の犬猫の殺処分数は 犬7,687匹、猫30,757匹の合計38,444匹とされています。 都道府県別のデータだと、犬猫の合わせた殺処分数のワーストは 愛媛県(1,987匹)、福島県(1,770匹)、香川県(1,585匹)となっています。 2017年度の沖縄県内の犬猫の殺処分数が過去最少の約1400匹(速報値)で、県が目標にしていた1500匹を下回る見込みになった。15日、県動物愛護管理センターを視察した県議会土木環境委員会(新垣清涼委員長)に対し、県環境部自然保護課の金城賢課長が説明した。 殺処分に賛成?反対?約1000名による調査の回答を元に動物の殺処分について考える。殺処分を無くすためには何が必要なのか、どんなことをすればいいのか。私たちにできること、考えてみませんか? 殺処分数の分類. ①譲渡することが適切ではない(治癒の見込みがない病気や攻撃性がある等) ②愛玩動物、伴侶動物として家庭で飼養できる動物の殺処分. 2020年の東京オリンピックに向けて犬・猫の殺処分ゼロを目指すために以下の3つの解決策を提案しています。 (1)ペット産業の8週齢規制 ペットショップで人気があるのは子猫・子犬です。 奈良市では「犬猫の殺処分ゼロ」を目標に掲げ、保護犬・保護猫の引取数減少や新たな飼い主への譲渡機会の拡大に向けた様々な取組を推進してまいりました。

平成30年度の全国の犬猫殺処分数は38,444頭。私たちが殺処分ゼロを目指して活動を始めた平成24年度は161,847頭でした。殺処分数は4分の1まで減少しています。 ③引取リ後の死亡 . 犬猫殺処分ゼロを達成しました. ・ドイツなどは犬や猫の殺処分がゼロですよね。 ・なぜドイツなどは殺処分がないのですか? ↓ ドイツ連邦狩猟法は、狩猟動物を保護する目的で野良犬・猫の駆除を認めており、狩猟者は、合法的に野良犬・猫を殺すことができる(詳細は後述する)。 殺処分問題 2018.12.13 犬猫を捨てる飼い主が多い都道府県はどこ?都道府県別に集計(平成29年度版) 殺処分問題 2017.9.19 環境省が最新の犬猫引き取り状況を発表。殺処分数は前年比70%以下に。 殺処分問題 2017.10.5 【猫編】殺処分が多い県は 県? 日本における犬猫の殺処分数は年々減り続けていることをご存知でしょうか。 平成30年度の犬猫の殺処分数は昭和49年度の122万頭の約3.1%である、3.8万頭にまで減りました。 ただ、まだまだ3万頭もいる …

ペットを飼育する人が増えている一方で、殺処分されてしまうペットたちも数多くいることをご存知ですか?日本でも毎年多くのペットが殺処分されている現状があります。 殺処分されたペットの数は県ごとに公表されていますが、神奈川県は5年連続で殺処分数を0にしています。

平成27年度(2015年度)の東京都は、殺処分数が犬猫を合わせて203頭でしたが今では、平成30年度(2018年度)犬猫の殺処分数は0でした。 東京都はなぜ殺処分数が0になったのでしょうか? 平成28年度の犬猫の殺処分数は55,998匹でした。毎日どこかの自治体で殺処分は行われています。一体「どこか」とはどこでしょうか。 そこで犬猫さがしでは環境省の公表数字を元に都道府県別に殺処分数の数を比較してみました。 ※令和元年度事務提要より犬及び猫の殺処分数を下記「動物愛護管理行政事務提要の殺処分数の分類」のとおり①~③に分けて集計した。 動物愛護管理行政事務提要の「殺処分数」の分類 [pdf 140kb] 東京都では、「2020年に向けた実行プラン」において、平成31年度に動物の殺処分をゼロにする目標を掲げ、動物の引取数減少や新たな飼い主への譲渡機会の拡大に向けた様々な取組を推進してまいりました。このたび、目標を達成しましたので、お知らせします。