消費税増税が2014年4月に行われた結果、どんな影響が出ているのでしょうか?また、消費税増税によるメリット・デメリットとは? 消費税増税にまつわる状況を探りました。 先日、2019年10-12月期のgdpが発表されました。ネット上では怒りと落胆で、受け止められていました。 2019年10-12月期のgdpは、もろに消費増税の影響を受けています。その影響がどれほどのもので、どのような性質なのか? を、リ ポイントは5つです。まず1つ目、2020年3月期の連結業績についてですが、10月以降の消費税増税による新車販売の不調に加え、3月には新型コロナウイルスの影響もあり、売上高、営業利益とともに97パーセントとなりました。 日本経済が崖っぷちに立たされています。 2020年の日本経済は2019年の消費増税とコロナウイルスの影響で、非常にまずい状態です。消費増税で予想されていた影響ですら、リーマンショック並みでした。そこにコロナウイルスの影響が加わり、日本経済 台風の影響という報道も見られますが消費増税の影響が響いていることは間違いありません。 消費税は国民全員が負担している税金ですから、中学受験の時事ニュースをきっかえに、家族の方々も子供たちと真剣に税金の使い道や景気に関して話し合う機会を設けてみてはいかがでしょうか。 10月から消費税が10%に引き上げられた。「クックパッド」では、登録ユーザーを対象に「消費税率引き上げと食卓への影響」に関するアンケートを実施。68%が「外食の頻度が減る」と回答したことがわ …