ご家族の葬儀が行われて、満6年目に七回忌を行います。 葬儀、三回忌では喪服姿が普通なスタイルです。 七回忌になると、平服でも大丈夫だと考えられています。 七回忌には、男性はグレーのスーツが無難で、女性はブラックスーツやブラックワンピース、あるいは紺色の服装をします。 法事の際、男性は何を着て行ったらいいのでしょうか?そんな法事の服装に関する悩みをお持ちも方も多いと思います。また、平服の意味もいまいち分からないという方も必見です。いまさら聞けない法事の際の男性の服装について詳しく解説します。 皆さんは、13回忌にどのような服装で参列しますか?故人が亡くなってから、かなりの年月が経過し、身内だけで執り行われるケースも少なくありません。ここでは、決まりが緩くなっているゆえに知りたい、服装の目安やマナーを紹介しています。 一周忌の服装、一社会人としてきちっとして参列たいものですが、法事の案内で「平服」と書かれていた場合、どんな装いで向かえばいいか、迷いますよね。そこで今回は、意外と迷いがちな「平服」マナーを解説します。 法事のとき特に女性が悩んでしまうのが、服装についてですよね。法要の服装には、喪服の場合と平服の場合があるのをご存知でしょうか?今回の記事では、大人のマナーとして身につけておきたい、法事の女性の服装について解説していきます。ぜひ一緒に勉強していきましょう。 前もって予定がわかっている法事は、葬儀やお通夜に比べると服装の準備がしやすい儀式ではあります。でもどれくらい改まった服装がいいのか迷ってしまうことも。四十九日法要、一周忌、3回忌、7回忌、13回忌と進むに従って変わってくる服装マナーについて解 …

法事の服装のマナーは、喪主と参列者の方で法事の服装のマナーが異なります。法事の服装は、三回忌までは喪服を着用することが一般的なマナーです。そのあとは年を重ねるにつれ、法事の服装も平服に近づけていくのが法事の服装の 法事における平服とは、上で解説した「略喪服」の意味です。 つまり喪服のような儀礼的な服装ではなくてよいというメッセージなのであって、法事にはふさわしい服装である必要性は依然として残っています。

一般的に平服とは日常の衣服または普段着とされていますが、法事・法要における平服とは 礼服・喪服ほどかしこまっていない服装 のことです。 「平服でお越しください。」という文には緊張せずにくつろいでもらおうという喪主側からの配慮などが込められていると言われています。