摂関政治は『せっかんせいじ』と読みます。平安時代に始まり、『摂政(せっしょう)と関白(かんぱく)が中心の政治』という意味です。藤原氏が中心の政治でもありました。どのようなシステムで … 古代84.摂政・関白のはじめ A[ゴロ]折檻(せっかん)は/乳房(ちぶさ)の/基(もと)つね(摂政・関白)(良房・基経)[句意](その)折檻は、乳房の基を抓(つね)るもの(だった)、という句。折檻とは、体罰をあたえること。ちょっと刺激的だけど非常に良くできていると著者自画自賛の句。 奥州藤原氏(おうしゅうふじわらし)は、前九年の役・後三年の役の後の寛治元年(1087年)から源頼朝に滅ぼされる文治5年(1189年)までの間、陸奥(後の陸中国)平泉を中心に出羽を含む東北地方一帯に勢力を張った藤原北家の支流の豪族。 藤原北家 秀郷流を称した。 藤原氏の祖はかの有名な中臣鎌足ですがその孫の代になるとそれぞれが家を起こします。 そしてやがて来る藤原氏隆盛の基盤を作りました。 今回は藤原氏隆盛の基盤を作った 4 兄弟「藤原四子の概要・覚え方(語呂合わせ)」についてご紹介します。 【藤原氏の初代摂政、藤原良房】 ※良房自身が「摂政」と呼ばれていたかどうかはわかっていませんが、役割的には摂政と同じことをしていたのでこの記事では摂政と呼ぶことにします。 藤原道長=摂関政治の考えは厳密には間違っている! 藤原道長の摂政就任とは? (藤原道長 出典:Wikipedia) 中臣鎌足の子である藤原不比等の四人の子供たちはそれぞれ南家、北家、式家、京家の藤原四家に分かれて政権内で次第に権力を持つようになりました。. 1、他氏排斥事件藤原氏による他氏排斥事件では、①藤原氏の誰が、②他氏の誰を、③どのようなきっかけで排斥が行われたか、の3点を頭に入れる必要があります。簡単に言ってしまえば、藤原〇〇が (他氏)を××という理由で失脚させたという形です。 藤原氏といえば、日本史に登場する一族の中でも、かなり有名な一族ではないでしょうか。 そして、この一族は、多くの日本史を利用する受験生を悩ませる一族でもあります。 その理由は、とにかく人数が多いのです。 日本史の藤原氏の覚え方まとめ . 藤原氏(ふじわらうじ)は、日本の氏族のひとつ。 姓(カバネ)は朝臣。 略称は藤氏(とうし)。. 飛鳥時代の藤原鎌足を祖とする神別氏族で、多くの公家を輩出したほか、日本各地に支流がある。 1200年以上もの間、廷臣の一大勢力であった。 【藤原氏の初代摂政、藤原良房】 ※良房自身が「摂政」と呼ばれていたかどうかはわかっていませんが、役割的には摂政と同じことをしていたのでこの記事では摂政と呼ぶことにします。 藤原道長=摂関政治の考えは厳密には間違っている! 藤原氏一族のトップが、天皇に命じられて就任するというのは、見方を変えれば 「藤原氏より天皇のほうが権力が上」という事実を世に知らしめることになるよね。 つまり、天皇の介入が行われたことで、 藤原氏の権力が衰退したってこと。 平安時代の摂関政治(後期)を流れに沿って説明します。藤原氏が他氏排斥を完了後、一族内で氏長者を巡る争いへと発展。『枕草子』の清少納言、『源氏物語』の紫式部のディスリ合いもこの時代。 平安時代に入ると、四家の中でも北家が力を持つようになりました。 *『年語呂年註ー日本史』の「摂関政治編」です。YouTube音声はこちらです。*ゴロ合わせのルール(規則)についてはこちらを参考にして下さい。*読みが難しい漢字もあると思いますが、基本的にはYouTubeの音声で確認してもらうことにしていま