しかし、三菱電機は08年に撤退、三洋電機は08年に京セラに事業を売却し撤退。東芝は12年に開発会社の株を富士通に売却し撤退しました。necは13年にスマホ事業から撤退、パナソニックも13年にスマホ事業から撤退しています。 2017年 3月6日 『らくらくスマートフォン4 「天の声」』篇、公開中! 2017年 2月17日. 企業と提携して新しいライフスタイルや楽しみを提供する「らくコミュタイアップ」を開始. 2018年1月31日 スマートフォン, メーカー コメント:27

らくらくスマホ情報局 公開中.

富士通はスマホ事業から撤退しろ。 富士通のスマホの不買運動をしよう。 新しい機種も見ないでこの機種もダメだ。 富士通に過去嫌な目に遭わされたから新機種のスレで憂さ晴らししてる。 上記は過去ログ見れば残ってる動かし難い誹謗中傷の文言です。
発表会には富士通コネクテッドテクノロジーズの高田克美社長が登壇した(写真2)。「スマホの技術をテコに、事業領域をサービスやソリューションに広げている。今回はarrowsシリーズの新製品をご紹介 … 富士通の携帯事業終了へ。 富士通もついに白旗。 携帯事業売却。 国内携帯メーカーの 事業撤退が止まらない t.co/QJpm6rsA8D 下図は今年3月までのもの。 国内携帯販売メーカーは、 6社から5社へ。 2017-08-22.

富士通コネクテッドテクノロジーズは2019年6月7日、都内で新商品・新CM発表会を開き、「arrows」ブランドのスマートフォンやフィーチャーフォン、翻訳機の新製品を紹介した。 arrows終了 富士通、スマホから撤退 残る国産はソニー、シャープ、京セラだけに.


富士通、携帯電話販売事業から撤退:日経報道日経ビジネスオンラインの報道によれば、富士通は携帯電話販売事業からの撤退を決めたとのこと。同社は現在、完全子会社の「富士通パーソナルズ」を通じて、全国100店舗以上で「ドコモショップ」を展開していま 富士通が携帯電話事業から事実上撤退する。かつて「わが世の春」を謳歌した国産携帯電話メーカーも、残るは3社だけ。スマートフォンの急成長とは裏腹に消滅しつつある国産メーカー。「最後の希望」は端末メーカーではなく、通信キャリアのソフトバンクだ。

富士通の分社化したパソコン事業へ、中国企業レノボが過半を出資し、レノボ・グループに統合するという。近年、スマートフォンやタブレット端末などの普及により、パソコンの市場は縮小した。昨年、東芝やvaioとのパソコン事業統合を検討したが合意に至らなかった。 コメント:7 パソコン ガジェット ネット 富士通、スマホ事業撤退を正式発表、一騎当千Android壊滅させiPhone王国を築いたARROWS伝説に幕 . 富士通が携帯電話事業を売却することになった。米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」などに押されており、ジリ貧となっている状況を抜け出すのは困…(2017年9月4日 7時0分0秒) 富士通が携帯事業から撤退し、売却する方針である事がわかりました。 日経新聞によれば、国内の携帯電話市場が伸び悩むなか、appleが4割以上のシェアを持ち、中国メーカーのファーウェイなど、海外企業の攻勢で売上が全盛期の半分以下に落ち込んでいた事が原因とのこと。 富士通が携帯電話事業から事実上撤退する。かつて「わが世の春」を謳歌した国産携帯電話メーカーも、残るは3社だけ。スマートフォンの急成長とは裏腹に消滅しつつある国産メーカー。「最後の希望」は端末メーカーではなく、通信キャリアのソフトバンクだ。

2017年 2月7日 「らくらくスマートフォン4 f-04j」新発売