中学受験希望者の親が語る、小学校と塾の個人面談の違いとは。 夏休みを目前に控えた7月初旬、一学期の総まとめとして個人面談を実施する小学校や塾も多いですよね。 ちなみに我が家もそうでした。 保護者との個人面談、話す内容や進め方は?|子どもの様子や成長について、保護者と話をする機会となる個人面談。登降園時は保育士も保護者も慌ただしく、なかなかゆっくりと話ができませんので保護者から家庭での様子を聞き、保育士が保育園での様子を伝える上で需要な意味を持ちます。 個人面談ってやったらいいとはわかっていても、実際は…。 今日は中間管理職のテーマの一つになる 「面談」 について少し書いてみますね。 僕自身、前の職場で営業部長時代は部下に対し年2~3回、全員面談していました。 小学校の個人面談(個人懇談)。先生と二人っきりなんて何を話したらいいかわからない…という方も多いはず。園時代と違って、様々な悩みも増える小学生です。短い時間で効率のいい面談を行うために、話題のポイントをまとめました。 個人懇談では、先生によって捉え方が違います。 大事に考えている項目、すなわち評価の対象が、違う、という事です。 当たり前ですけど、先生も人間です。 個人面談では、保育士と保護者とが1対1で対話できる場を設けます。そのため、子どもの様子や成長、家庭における悩みや不安、園への要望など、日頃落ち着いて話す機会がないことも、じっくりと話し合うことができます。 【個人面談の目的】 面接とは別に面談を行っている企業もありますが、面接と面談の違いがよくわからないという方も多いのではないでしょうか。今回のコラムでは、面談の目的や内容、受ける際の注意点などを解説します。就活中の方はぜひ参考にしてみてください。