「身元引受人」という言葉は聞いたことはあるけど、いざ自分が当事者になった場合にどうしたらよいかわからないという方が多いと思います。今回は、「身元引受人」について、ベリーベスト法律事務所 湘南藤沢オフィスの弁護士が解説していきます。

保釈には身元引受人の迎えが必要?その責任とは? 身元引受人は保釈に必須の条件か? 身元引受人は、法律にはっきりとは規定されていませんでした。 そうなると、身元引受人がいないとしても保釈は認 … ゴゴスマ -GO GO!Smile!-で当協会の保釈保証金立替システム. 身元引受人などが保釈の指定条件を理解出来ていない. (放映日 平成31年4月4日) 動画の中で「初犯で軽微な被告人に限る→①窃盗 ②違法薬物 ③道路交通法違反」と紹介されましたが、再犯・累犯の被告人や他の罪名でもお申込み・審査は受け付けております。 保釈の相当性としては、身元引受人としてあなたの生活を監督して逃亡や証拠隠滅がないようにし、公判期日に必ず出頭させることが述べられます。 次に、もともとは同居していなかった身元引受人から陳述書が出される場合について見てみましょう。
「逮捕後の釈放の流れについて知りたい!」「身元引受人ってなに?逮捕後、釈放されるには必須なの?」弁護士が徹底解説!逮捕後の釈放の流れを網羅。最短の釈放方法とは?勾留阻止による釈放とは?夜間や土日のあつかいのほか、身元引受人への連絡の流れやその必要性などについても詳解 直接的な保釈の条件違反ではないのですが、身元引受人など周りの人達が保釈の条件を聞いていなかった場合に、知っていて注意すれば防げたであろうという事例も何件かあります。

このページでは、刑事事件で身元引受人はどの場面で必要かということについて、刑事弁護士が解説しています。身元引受人が必要になるのは、主に、勾留されないことを求める場面、保釈を求める場面、執行猶予を求める場面などです。

が紹介されました。. 保釈後の被告人の生活を監督するに足りる立場・関係性にあれば問題ないです。同居の親族が一番望ましいです。 身元引受人がいない場合でも、保釈が認められるケースはありますが、身元引受人がいた方がよりスムーズに保釈が認められます。