後輩に分かりやすく作業を教える仕事も経験済です。 工場の仕事が覚えられない原因は『メモの取り方』。他にも覚えるコツがあります。 当記事の内容はこちら あなたは上手にメモを取っていますでしょうか?たかがメモですが活用方法によっては、アイデアの源泉や願望達成のための強力なツールにもなり得るのです。そして例外なく、仕事がデキる人というのは、メモの取り方が上手です。メモの選び方や取り方まで独自のルールがあります。 メモやノートの重要性はわかっている。でも「いつも三日坊主でおわる」「新しいメモの取り方を試しては飽きるの繰り返し」という人は多いはずだ。「わたしは記憶力がいいからメモは取らない」という人もいるかもしれない。しかし、仕事でメモを取るのは大切なことだ。 仕事の効率というと、思い浮かべがちなのが作業効率ですよね。 エクセルのショートカットキーを極める、超高速でパワポを作るなどですね。 しかし作業効率以上に仕事全体の進み方に影響するのが、コミュニケーションの品質です。 仕事の3つの側面 仕事をしていると、作業手順やtodoリストを書いたり、議事録をとったりするなど、ノートやメモ帳を活用する場面が多いかと思いますが、仕事の手順を覚えるためのノートは、それだけで2冊あるのがベス … みなさんは仕事でメモやノートをとる際、どのような工夫をしていますか?紙だけでなく、Webを活用したものなど便利なツールもまとめて紹介しています。ノートの管理や確認の作業をより効率化し、仕事をスムーズに進めていきましょう。 このメモの取り方にはコツがあり、仕事ができる人はメモの取り方が上手いと言われてます。メモが上手く取れると情報や要点をまとめるコツが身につくからです。ここでは、上手なメモの取り方や活用術を紹介しています。 仕事の出来る人はメモの取り方1つとっても違いますよね。 今回はメモの基本の取り方をご紹介します。 アイデアを盛り込んで、自分なりのメモスタイルを創りあげましょう。 仕事のメモの取り方 9つのこと 1)期日を記す 当たり前かもしれませんが、用件の期日をまずはかきます。