こちらでは、健康食品管理士が、「牛乳を飲むと下痢・ゴロゴロする理由」をわかりやすく解説しています。牛乳に含まれる乳糖という成分を分解する酵素を持っていないために起こります。この体質を乳糖不耐症といい、日本人では70%が乳糖不耐症と言われています。 「健康のために牛乳を毎日飲んでいる!」という方や、「身長を伸ばしたいから意識的に飲んでいる!」という子どもさんも多いと思います。でも気を付けて欲しいことがあるんです!牛乳には適切な摂取量があることはご存知ですか?栄養価が高い牛乳ですが摂取量 なので、牛乳の量は午前・午後のおやつ時に100mlずつ。 トータルで200ml程度 にしておくのがベストかなと思います。 1歳児のお子さんへの牛乳の飲ませ方って? さて、カルシウムが効率よく摂れる牛乳。 どうやって1歳児のお子さんに与えたらよいか? 二歳の子供が牛乳ばかり飲んで あまりご飯を食べてくれません。2日で一リットルの牛乳を空けます。お茶の代わりに牛乳を飲んでる感じです。 とくに 下の子(5ヶ月)が ミルクをのむと 自分も牛乳!

栄養豊富とされる牛乳ですが、飲みすぎると「牛乳貧血」と呼ばれる状態になり、鉄欠乏性貧血を引き起こすそうです。どれくらいなら飲んでもいいのか、貧血にならないためにはどう注意すればいいかなど、牛乳貧血の仕組みと対処法について専門家に聞きました。 赤ちゃんが口にする食材のうち、注意が必要なものの代表として「牛乳」があげられます。与える時期として「1歳から」がひとつの目安となっていますが、それにはさまざまな理由があるようです。そこで、小児科医の榊原洋一先生にお話を伺いました。