匠塗 ーtakumi nuriー ・マシーングレープレミアムメタリック (46g) ・ソウルレッドプレミアムメタリック(41v) ・ソウルレッドクリスタルメタリック(46v) 上記の3色がマツダの誇る技術の傑作。磨きぬかれた色味と質感は最高に美しく、魅了されます。

て、今回のソウルレッドプレミアムカラーのアクセラのキズ、ヘコミ修理は完了です。 今回の修理も、仕上がりを見たお客様に大変喜んで頂きました。 マツダのカラーコード41vソウルレッドプレミアムや46vソウルレッドクリスタルメタリックの デミオの赤は、ソウルレッドクリスタルメタリックですが綺麗な色ですね。 真っ赤というよりは、どこか深みのある高級な赤という感じですね。 マツダは結構赤い色に昔からこだわりを持っているようです。 昔から赤色は色あせがしやすいということでガゼルは赤色の車は避けてきました。 マツダのcmでメインに扱われていたり、店頭に必ずある赤いお車、皆さんきっと見たことがあると思います。 とても綺麗な透けたように見える深みのある赤!イメージわいてきましたでしょうか? マツダの新世代商品群全体でも人気のボディカラーである「ソウルレッドプレミアムメタリック」に、新型cx-5で初採用された深みと鮮やかさが増した新色「ソウルレッドクリスタルメタリック」が加わり、今後もますます魂赤の車が増えそうな予感がします。 羽鳥鈑金塗装工業所の羽鳥です。 クルマのボディカラーにはメーカーそれぞれの個性が表れるものですが、 最近のマツダの純正色は特に凝った色作りをされていますね。 特に同社が新しいイメージカラーとして採用している『ソウルレッド […] マツダ カラーナンバー46v ソウルレッドクリスタルm. マツダのロードスター(初年度h28年、型式nd56c、カラー41v)のキズ・ヘコミを修理しました。 マツダの特殊色ソウルレッド プレミアム メタリックの塗装修理事例 ロードスターのフロントバンパーと右のリアフェンダーパネルにキズ・ヘコミがあります。 マツダのソウルレッドクリスタルメタリックは特別な色なので、傷がついたら修理が難しいとネット情報にありました。 ディーラーに見積もりを取る前に、地元で有名な板金屋さんに見積もりを依頼しまし … マツダQBpit お手軽価格で、愛車のキズ・ヘコミをキレイに修理 「マツダQBpit」は、補修対象範囲と、損傷レベルを小さなキズ・ヘコミに限定し、 作業工程の効率化を図ることで、本格修理の1/2程度の「価格」と「スピード」を実現しています。 マツダ独自の塗装技術「匠塗」。初披露となった2012年からマツダ伝統の赤は「ソウルレッドクリスタルメタリック」へと進化しています。ソウルレッドクリスタルメタリックの開発秘話やその内容、さらに傷ついた際の修復方法についても紹介します。 それはまるで、熟達した職人の手塗りにも迫る、特別な塗装技術。カラーも造形の一部だからこそ、マツダは独自の色を追求する。匠の技が生み出した色が、魂動のカタチを際立てる。 気にしすぎなのは重々承知しているのですが、いろいろなサイトでマツダのソウルレッドは再現が難しいと書いているもので… ともあれ、ありがとうございました。あまり気にしなくてよいという言葉で少し気持ちが楽になりました。 今やマツダのクルマのイメージカラーと言えば、みんなが口をそろえて【赤】だと言います。マツダの赤は、一般的に【ソウルレッド】と呼ばれていますが、実はこのソウルレッドには以下の2種類のカラーがあるってご存知でしたか? ソウルレッド・プレミアム・ 匠塗 ーtakumi nuriー ・マシーングレープレミアムメタリック (46g) ・ソウルレッドプレミアムメタリック(41v) ・ソウルレッドクリスタルメタリック(46v) 上記の3色がマツダの誇る技術の傑作。磨きぬかれた色味と質感は最高に美しく、魅了されます。 マツダ独特の赤は「ソウルレッド・プレミアム・メタリック(以下ソウルレッド)」と呼ばれています。この赤色が表現できるのは、10年強に渡るマツダの塗装技術の蓄積のおかげです。公式にマツダのソウルレッドがデビューを果たしたのは2013年の東京モーターショーのこと。 デミオのソウルレッドを購入した者です。 ソウルレッドは良い色だけど、特殊な塗装だから、キズがついたら元に戻すのは難しい、という書き込みを見ました。 へーそうなんだ、じゃあ気をつけなくちゃ、と思っていましたら、やってしまいました。 マツダ独自の塗装技術「匠塗」。初披露となった2012年からマツダ伝統の赤は「ソウルレッドクリスタルメタリック」へと進化しています。ソウルレッドクリスタルメタリックの開発秘話やその内容、さらに傷ついた際の修復方法についても紹介します。
「【マツダ アテンザ 板金・塗装・修理(ソウルレッドプレミアムメタリック 41v)】 東京都調布市よりご来店のお客様です」ガレージローライドのブログ記事です。自動車情報は日本最大級の自動車sns「み … その他 マツダの純正色は最近 凝った色作りをされております。 この「ソウルレッド」 「調色ができない」とか「ブロック塗装ができない」とか まず色が合わないといわれている色でもあるのです。 「色が合わないのはどうするの?