マイク本体の正面の音をしっかりと拾うことができ、周囲の音はあまり拾わないという特徴があります。特定の音だけを集音したい場合に適します。 鋭指向性(<超指向性) 単一指向性マイクより更に狙った音を集音しやすくなります。 マイクの収音可能領域は、見通し距離約100m * 。被写体が遠いときや周囲の音が大きいときも、ワイヤレスマイクがあれば被写体の音声をしっかり記録できます。 *“ハンディカム”側からマイクが見えているときの目安となる通信距離です。 なんにせよ安物カラオケ用マイクよりも良い音で録れれば良いとか、予算が限られてる学生さんでなるべく安く、なんていう方はダイナミックマイクの「オーディオテクニカ at-x11」、ちょっと頑張って「shure sm58」「shure beta58a」がオススメです。 マイクレベルはというと、だいたい1mv(0.001v)のレベルで、スピーカーは、家庭用の一般的なもので、1vから10v位なので、アンプは、マイクの信号を千倍から一万倍に増幅しています。 ボーカルマイクは大きく分けて 「ダイナミックマイク」 「コンデンサーマイク」 この二つです。 さて、今回は宅録用ボーカルマイクのご紹介ですが、この二つ、一体どちらが宅録用に向いているのか? そ エコー・録音・採点などの機能が搭載されており、自宅でもカラオケボックスさながらの臨場感を楽しむことができる「家庭用カラオケマイク」。そんな家庭用カラオケマイクですが、多くの曲が内蔵されたタイプや、スマホと連動して使えるタイプなど、さまざまな種類があります。 ボーカルマイクのおすすめをランキングでご紹介!マイクってどんなのがあるの?初心者だけど何を買ったら良いの?なんて悩んでいませんか?そんなボーカル必見の情報を初心者でも安心な性能の見方もまじえて紹介しています。 家庭用カラオケマイクがあれば、自宅でみんなでカラオケを楽しむことができ、一人でカラオケの練習もできますよ。今回は、家庭用カラオケマイクの人気おすすめランキングtop20と選び方、口コミをご紹介していきます。