海外風のオシャレなベッドメイキングのやり方、たくさんの枕・クッションの名前と並べ方を解説しています。シーツはフラットシーツと二枚使うとよりホテル風になります。オシャレな寝室にするために、多くの枕やクッションをアクセントに使ってみましょう。 海外のベッドカバーのコーディネートは、ベッドカバー、掛けカバー、枕カバーをそれぞれ違う色にしたものが多いです。 ベッドリネンって、セット品で買うことが多いですが、この事例のように1か所ずつ相性を考えながら組み合わせていくのも面白いかもしれませんね。 まくらを2つ以上使った方が、頭をしっかり支えることができるのだそうです。また「フランスではベッドに座ることもあるので、たくさんあった方が腰に負担がかからず快適に過ごせる」とのこと。 【その3.足用の枕としても使う】 枕以外に、たくさんのピローやクッションがベッドの上に並んだ風景を見たことがあるでしょう。寝室を簡単にグレードアップできる「デコラティブピロー」の基本ルールをご紹介します。 海外のベッドってホントにおしゃれですよね!沢山飾られたクッションや枕。その置き方にはルールがあります。今回は枕の種類や置き方のルールについて紹介したいと思います☆

枕がたくさんあることで、雰囲気がよく見え、抱き枕や足用、ベッドの上で座る時など使い勝手も良いんです。 枕でベッドにボリュームを加えましょう。 また、たくさん並んでいる枕について。これはお客さまの枕にあるさまざまなこだわりに対応できるようにするため。固い枕が好き、枕は高くないと眠れない、など人によっていろいろとありますよね。 たくさんの枕は海外の寝室の特徴の一つ ですね。 海外では、朝ベッドメイクをしてシーツを整えるときに、クッションを枕と一緒に並べます。 飾りとしての意味はもちろん、ベッドの上リラックスして過ごす際に、足や腰の下に入れて体勢を整えることにも使います。