ヘッドライトやスモールランプなどの灯火類は、 走行する車の存在や状態を周囲のドライバーや歩行者に知らせるためのもの です。 ですので安全性に直接関わることもあり、道路運送の保安基準により、色や明るさ、取り付け位置などに非常に厳しい規定があります。

フォグランプは運転にとても必要なツールです。でも、車検の際に何が必要になるのかご存知の方は、多くは無いのではないでしょうか?そこで今回は、 フォグランプについて、特に車検時のフォグランプへの注意事項について、調べてみます。 フォグランプが車検に通る基準と、保安基準でフォグランプは白色or淡黄色と定められておりフォグランプの色が黄色だと車検に通らない場合があることや、フォグランプの意味とフォグランプの使い方と効果など、車のフォグランプに関する様々な情報をご紹介しています。 深い霧の中を走る時などに役立つフォグランプ。フォグランプが標準搭載される車も多くなってきました。車検ではフォグランプについての規定はどうなっているのか調べてみましたのでご紹介します。 「黄色フォグランプは車検に通らない」と誤解している人が多いのだが、それは一体なぜなのか。保安基準で規定されているフォグランプの色は「白または淡黄色」。聞き慣れない・見慣れない「淡黄色」とは何か。改めて明確に解説する。

フォグランプの車検基準フォグランプが付いている車は見た目にもかっこいいと思ってるのですが、もちろん車検の基準があります。基準に満たないものは当然修理などが必要になってきます。フォグランプの色についてフォグランプの灯火の色についてですが、最近