伝票の日付は、セルに関数を設定して自動表示にしている場合も多いのですが、今回は、マクロで今日の日付を入力するようにします。関数で簡単に今日の日付を表示するのに、なぜマクロかというと、マクロの関数でセルに日付や時刻を入力すると、値として入力されます。

目次(リンク) 1 どうやって自動的に連番で入力するのか. 1.1 ダブルクリックで連番にする(横に値がある場合); 1.2 マウスで連番にする(横に値がない場合もok); 1.3 row関数を使って連番で入力する; 2 数字が連番にならない場合はどうするのか. 2.1 セルの書式設定を使って文字列部分を補う そして複数のシートがある場合は、b列を自動で更新されたくないシートもあるはず。 ということで、指定したシートの2行目以降のセルが編集されたら、b列に更新日時を自動入力するというコードも書い …

Excel のセルには、静的な値または動的な値として現在の日付と時刻を挿入できます。 静的な値とは、ワークシートが再計算されたり開かれたりしたときでも変わらない値のことです。 動的な値とは、数式が再計算されるたびに更新される値のことです。 [mixi]Excel(エクセル)活用 セルの更新日時を表示したい 教えてください。 NOW関数で自身のセルの更新時刻は表示出来るみたいですが Q1.指定したセルの更新時刻を表示出来るようにしたいです。 Q2.また、複数のセルの中から1つでも更新があればという方法も知りたいで Excelは即座に現在の日時をそのセルに入れます。 ブックを開くか、ワークシートで新しい計算が行われるたびに、Excelは現在の日付と時刻でセルを更新します。 残念ながら、Excelに動的なタイムスタンプだけを挿入する機能はありません。 検索と置換が表示されたら、検索する文字と置換後の文字のどちらにも、カウントしたい文字を入れます。 最後に、すべて検索を押せばカウントできます。 「34件を置換しました。」 と表示されました。 結果的に34文字あることが分かりました。 Excel のセルには、静的な値または動的な値として現在の日付と時刻を挿入できます。 静的な値とは、ワークシートが再計算されたり開かれたりしたときでも変わらない値のことです。 動的な値とは、数式が再計算されるたびに更新される値のことです。 「ファイルのタイムスタンプを時々チェックする」と似ていますが、ファイルのサイズが変化したかどうかを調べて、サイズが違っていたら更新されたと判断します。 自動で再読み込みする 設定で手動・自動と更新のタイミングを選ぶことはできますが、 演算を行うセルを条件分けすることはできません。 なので、「修正された時だけ特定の数式を更新する」という動作は基本的にできません。 b1セルに最終閲覧時刻が表示されるようになっています。 このスプレッドシートが起動したら、b1セルに最終更新日が記録されます。 上記スプレッドシートは編集権を限定しておりますので、利用になる場合はコピーしてお使いください。 スクリプトエディタ Excelでセルに最終更新日時を自動的に表示できるようにしたいという場合の方法です。 ユーザー定義関数を使う方法と マクロを作成後、ボタンをクリックして日時を更新する方法を紹介します。 まず、どちらにしても[開発]タブを表示しておいたほうが操作はしやすいと思います。 6 デフォルトでは、“ 現在のタイムスタンプ ” から指定した日数だけ古く / 新しく なる。 “ 元のタイムスタンプ ” から指定した日数だけ古く / 新しく したい場合は、事前にリスト上で任意のファイルを選択し、「#」 → 「選択されたファイルの日付と時刻から」を選択しておく。 Excelでセルに最終更新日時を自動的に表示できるようにしたいという場合の方法です。 ユーザー定義関数を使う方法と マクロを作成後、ボタンをクリックして日時を更新する方法を紹介します。 まず、どちらにしても[開発]タブを表示しておいたほうが操作はしやすいと思います。