iPhone/iPad で、アクセスを許可するWebサイト(コンテンツ)を設定する方法を紹介します。 デフォルトでは、「無制限アクセス」に設定されていますが「コンテンツを制限」したり「指定したWebサイトのみ」にアクセスを許可することもできるので、ここではその設定方法をみていきます。

iPhoneなどiOSデバイス向けに配信されたiOS12アップデートでは、新しくアプリの使用時間の確認や使用時間の制限ができる「スクリーンタイム」が追加されました。 スクリーンタイムは「休止時間」「App使用時間の制限」など複数の機能が用意されていますが、本記事ではそれらを一挙解説します。 スクリーンタイムとは. Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。 iPhoneでSafariを使ってインターネットを閲覧すると検索履歴が残ります。Safariの閲覧履歴、検索履歴は削除しないと残ってしまいます。削除したい閲覧履歴、検索履歴ってときにはありますよね?この記事では閲覧履歴、検索履歴の表示、削除について説明します。 iOS12から追加された新機能「スクリーンタイム」。この機能を使うことによって、子供にiPhoneを持たせた時にどんなアプリを使っているか、何時間利用しているのかを管理することができます。 そこで本記 スクリーンタイムではYouTubeの利用に制限を設けられるのですが、制限がかかってもYoutubeの動画を視聴する方法があります。それがSafariとiMessageを使った方法です。Safariの場合はアプリを立ち上げYoutubeを検索して好きな動画を視聴するという流れになります。 iPhone設定『スクリーンタイム』で子供のスマホ依存度チェック 2019.02.03 ここで設定する事で、以降「機能制限」の項目を開くためには設定したパスコードを要求されるようになります。 iPhone/iPadの標準ブラウザであるSafariには「プライベートブラウズ」という機能があります。プライベートブラウズを使うことでインターネットを使う上での個人情報を守ることができます。本記事では、Safariのプライベートブラウズとは何なのか、使い方を解説します。
スクリーンタイムは、iOS12で追加された新機能です。 iPhoneやiPadのアプリ別の使用時間や通知回数、端末を持ち上げた回数などの使用状況を把握できるほか、アプリの使用時間の制限、休止時間の設定など使い過ぎを防止する機能などが利用できます。
設定の(履歴とwebサイトデータを消去)が灰色になっていて、スクリーンタイムの制限もかかっていないのに履歴が削除できません… 返信 2020年3月12日12:43:20 保護者必見! iPhone/iPad のWebブラウザー「Safari」の閲覧履歴を表示・確認する方法を紹介します。 ここでは「現在のタブの履歴」と「すべての閲覧履歴」を表示・確認する方法をみていきます。 Safari の閲覧履歴を表示・確認する方法 iOS13でできるスクリーンタイムの抜け道みたいなものはありませんか?スクリーンタイムで制限されたので、スクリーンタイムを解除したい、スクリーンタイム 制限を無視したい場合は、どうすればいいでしょうか?この記事は三つのスクリーンタイムの抜け道みたいものを紹介します。 また、スクリーンタイム単体では、Safariの閲覧履歴を完璧に記録することはできません。(Safariのプライベートモードにすれば履歴が残ることはありません。)だからと言って、Safariの利用を禁止するのは子供が調べ物をしたりする際に不便です。

Safariの閲覧履歴の記録は便利な面が多くありますが、時に消したくなることも。そんな時は、上記の手順で閲覧履歴を削除いただければと思います。 参考になれば幸いです。 Amazonのタイムセールもチェック.